忍者ブログ

でんじゃ仕掛けのめとみ屋おじさん

僕が絵を描く以上、僕は絵描きだ

最近、仕事中に、ふと、神保町の光景が浮かぶんだ。まるで故郷を思い浮かべるみたいでさ。
ここに、植草甚一がいたんだ。
ここに、売れない画家のまま死んだ伯父が、通っていたんだ。
まるで、もう一つの人生があって、そこには別の僕がいて、小さい頃から、神保町に住んでいるんじゃないかしらん?

ようやく、画を再開できる目処が付いて、今月中に同人書籍は仕上げる。その他に、一つ作曲、一つ耳コピ。この三つが、今月の目標だ。
絵と音楽、エセ文化人が、やりそうなことだ。実際、そうなのかもしれない。けれど、僕は表現したいという衝動があり、ネットが無くなっても、とにかく画を描くだろう。
僕は建物を描くのが好きになってしまって、メトミクルシティに続く、新しい街を妄想している。その作業は、表現したいから、それ以外に説明できない。だって、特に観たい人もいないからね。だから、人生最後のあがきで、表現をしているという嘲笑は、自分がまだ表現に対して、生も死も感じていないんだ。その嘲笑も、自身に向けているだろう、実際は。

新しい街で動く、めとみの物語は、少し現実的になるかもしれない。それでも、ユーモアとファンタジーの精神は、引き継いでいくよ。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
こぞさき・即・芳川香
Webサイト:
性別:
男性
職業:
日雇いめとみ屋
自己紹介:
めとみ屋。主に女子プロレスの絵を描く。物語作りと旅で人生終着予定。
(仮)名:こぞ咲・即・芳川香遊戯ノ縁正二階席色色空也黒白黄色残米食也稲荷狐鳴。
Twitter:@kozo_saki
instagram:@kozosaki

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

てっぺんM指令の電子書籍

スタッフスケッチ スタッフスケッチ

P R